わたしたちは折込広告のエキスパートです。

折込広告のすすめ

  たくさんのお店で、販売促進のアイテムとして用いられるチラシ。お店の紹介や、おすすめ商材などを掲載し上手に作られたものを目にします。
  しかし、チラシは作って置いておくだけでは、少数のお客様にしか伝わりません、そのチラシを配ってはじめてお客様の目に触れ、読まれ、来店していただけるのです。
  では、どうやってそのチラシを配るか?
  私どもは、最も有効でスピーディーな新聞折込広告を自信もっておすすめします。
  新聞の朝刊は、ご存じの通り毎日ご家庭に朝早く届けられます。しかもお客様がお金を支払っている商品ですので、家の中で大切に扱われます。その新聞に折り込まれ一緒に届けられるのが折込広告なのです。また、その一枚が家庭の中で複数の人の目に触れるチャンスもあります。
  最近では「折込広告を見たいので新聞を購読している。」という方もおいでとのこと、折込会社としては嬉しい限りです。 あらゆる分野のデジタル化が進む昨今ですが、紙媒体の良さも忘れないで下さい。デジタルメディアと違い紙媒体は、一度印刷し配布したら消すことはできません。だからこそ作り手は真剣に立ち向かいます。
  限られたスペースの中に知恵を絞り、思いやメッセージをまとめて、新聞と一緒に配る、これが折込広告なのです。 販売促進の方法として、是非、折込広告をご検討下さい。


折込広告について手順

  申し訳ございませんただ今準備中です。今しばらくおまちくださいませ。


新聞のすすめ


  折込広告にとってなくてはならない新聞についてお話しします。
新聞の朝刊は、駅やコンビニエンスストアーで売られている物を除いて、毎日早朝ご家庭に配達されます。これらは、新聞販売店によって販売され届けられています。私ども折込会社は新聞販売店に依頼をしてチラシを折り込み配達していただいております。
  あらゆる分野のデジタル化が進むなか、「必要な情報はインターネットで充分」という方が増加し、新聞購読者数は残念ながら漸減傾向にあります。しかし本当にそれだけで充分なのでしょうか?インターネットはワールドワイドからローカルエリアまで際限のない情報を得ることができます。それに対して紙の新聞は限られたスペースに収まる情報しか掲載できません。しかし新聞の良さはそこにこそあるのです。
  何を報道すべきかが判断され、その要点が的確にまとめあげられています。更に有料であるがゆえに、新聞社が責任を持つ取材に基づいて検証された記事が提供されているのです。また、好むと好まざるとを問わず、見出しを通して複数の記事が視界に入ってきますので、それをきっかけにその情報を知ることも多く、何が知っておくべき情報なのか一目瞭然です。
  好きな情報だけ好きなように見ることのできるインターネット。それはそれで便利に利用することとして、こういった厳選され日々届けられる情報に目を向けることも大切だと思いますがいかがですか?


ページのトップへ戻る